じんじ屋エール公式サイト 
研修で作る!自社の新人事制度
★研修講師は、じんじ屋エールパートナーズクラブの専門家パートナーです。
講師は、じんじ屋エールAセット(賃金体系PRO、人事評価PRO、賞与配分)を保有しているため、トータル人事制度の支援を行なうことができます。


★本研修を受講できるのは、以下の「じんじ屋エール」をセットでお持ちの企業ユーザーです。
【Aセット、Cセット、Fセット、Hセット】
セット内容がお分かりにならない方は「web説明会」で資料をダウンロードしてください。

本研修は、2社以上のグループ(企業ユーザーグループ)でお申込みいただきます。
※1社の場合は、個別コンサルティングをお申込下さい。
※研修に参加する企業は、並行して通信講座を受講することをお勧めします。事例で人事制度を擬似体験していただくことにより、人事制度の基礎知識、ツールの活用方法を習得することができます(自社の人事制度設計をスムーズに進めることができます)。

●研修のねらい(目的)
本研修は、次のような企業ユーザーを支援することを目的とする集合研修です。
・自社設計にチャレンジする企業
・人事制度の構築にあまり予算を取れない企業
人事制度の設計方法だけでなく、専門家が各社の進捗状況までフォローして、企業ユーザーの人事制度導入に向けての支援を行ないます


●期待する成果・効果
「集合研修」のスタイルで人事制度設計を進めるため、企業は少ない予算で人事制度を導入することができます。
研修の途中で、専門家のコンサルティング等を受けたい企業は、研修講師にコンサルティングを依頼できます(他に専門家を探す必要がありません)。


●研修の進め方(特徴)
研修期間内に各社の人事制度を完成させるために「共通のスケジュール」を立てていただきます。そのスケジュールに沿った内容で研修を進めていきます。
スケジュールは共通でも、各社の制度内容はそれぞれの経営方針、業務内容、社風等にマッチしたものになります。


●研修期間・時間
研修の期間は、3ヶ月〜6ヶ月を標準とします。
回数は5回〜12回程度。
1回の研修時間は3〜4時間を標準と考えています。参加企業にとって1日研修では時間を作ることが難しく、2時間程度の研修では満足な研修内容を組むことが難しいからです。
開催日は、「土曜日午後」や「平日夜」など、企業ユーザーが参加しやすい日程を組みます(企業ユーザーグループ・講師で相談して設定)。


●研修メニュー
研修プログラムは、原則として各専門家パートナーに企画していただきます。
下記に例を示します。
(例)6回の研修
期間:3ヶ月
開催日:隔週土曜日午後13:30〜16:30
会場:貸会議室(他に業界団体の事務所会議室、メンバー企業の会議室等)

第1回 
・設計方針の決定(各社ごと)
・新制度導入までのスケジュール表を作る(参加企業ユーザー共通)
・社内における人事制度設計会議の開催方法
・社員データの登録方法
・統計資料の入手方法、登録方法
・賃金診断のやり方
・基本構想図の作り方

第2回
・基本構想図のフォロー(個別:休憩時間等を利用して)
・賃金設計のやり方(オーソドックスな設計方法を中心に)
・昇給等の基準の定め方(骨格となる部分、新卒採用時の格付)
・評価要素選定のやり方(ゼロベースで作る場合)

第3回
・賃金設計のフォロー(個別、質問を受ける等)
・個人別賃金決定の調整に関する事項
・昇給等の詳細基準の定め方(昇給、昇格、昇進、配転等について詳細部分まで)
・中途採用格付基準の定め方
・人事評価制度の設計方法(評価段階、評価要素ウエイト、評価者ウエイトなど)
・評価要素着眼点の定め方

第4回
・賃金改定のやり方
・評価シートの作成要領、事例
・賞与配分設計のやり方(賞与を支給する企業のみ)

第5回
・評価のテスト入力(検証)のやり方
・被評価者へのフィードバックデータ、評価者エラー
・目標管理のやり方(必要に応じて)
・退職金の設計・見直し方法(必要に応じて)

第6回
・人事制度運用マニュアルの作り方
・人事制度運用に関する留意点

●研修参加者の人数
2社2名以上。
1社から複数参加も可。


●研修費
研修の進め方、研修回数によって異なります。講師(専門家パートナー)とご相談ください。
例えば、総額100万円の研修を5社で受ける場合、1社当たり20万円となります。

●研修会場
原則として企業ユーザーグループでご手配頂きます。


●お申込・お問合せ
【講師(専門家パートナー)が決まっていない場合】
 弊社宛にお問合せください。  
 TEL 0493-22-5222  FAX  0493-22-5223  Eメール info@jyell.jp
 その後、企業ユーザーグループの要望を考慮して講師の選定を行ないます。

【講師(専門家パートナー)が決まっている場合】
 講師に直接お問合せください。

「コンサルティング」へ戻る    「Service」へ戻る