■年齢別

年齢別は「年齢」を条件とする設計方法です。
従業員の生活保障的な要素が強く、最近は廃止する企業も増えています。
逆に等級制度を厳格に運用するためにあえて組み込むケースもみられます。

※人事情報と連動しているため、個人別に賃金を定める画面(調整給・増減額など)で金額が自動表示されます。
※生活保障的賃金である家族手当や住宅手当は対象者だけに支給されますが、年齢別賃金は原則として(同じ基本給パターンの者には)すべて支給されます。

「賃金体系PRO主な画面」へ戻る